決意。

*履歴*
・漫画 「第六話」 9、10P 更新


さあ始まりましたよ犬ぞりレース…


め、めんどくせえ…!((^д^;;))

いっぱい犬&犬ぞりハーネスとソリ。。
空間把握苦手だけどパース取ってまで描きたくないんだよなあ~。
まあそれっぽくなればいいやと(笑)

リーダー犬だけゼッケンつきのハーネスをつけてます。
ちなみにシベ太達は28番。私が学生時代の頃
やたら出席番号が28になることが多かったので…(笑)

ただそりを引くだけではなく、木箱のくぼみに積んであるボールを
落とさないでゴールすることも要求される鬼畜レース。
ゴールした順位だけでは勝敗が決まらない!
でもこのルール、ぶっちゃけあんまり活かせなかったとは思ってたり…^^;

本場の犬ぞりではリーダー犬以外はネックラインを付ける事が義務だそうで、
これを付ける理由は「隣同士の2匹が並走できなくなるから」とのことなのですが、
この世界の犬たちは人間と同じようにコミニュケーション取れるから
無くても並走ぐらいできるんじゃね…?と思って
描くべきかどうか悩んだ挙句、でも一応犬ぞりだし…ということで
描くことにしましたwこの世界観で首輪の表現はなんか違和感だけどな。
まあそんなこと言い出したら、マッシャーがいない時点で
犬ぞりとしてはアウトなんですけどね本当は^^;
そこはあくまでフィクションということで目を瞑っていただければ…(笑)


*******

mari-.jpg


まだ六話始まって間もないですが、次回の話のプロットも書き始めてます…!
以前にもお伝えしましたが、第六話が終わったら
次は一度戻って第三話にあたる話を描く予定です。
どういうこと?っていう人はお手数ですが以前の記事遡って
読んでいただければ…^^;w


というわけで、新キャラのゴールデン・レトリーバー、「マリー」が登場予定です。
マリーさん、キャラクター紹介の一覧でも名前だけはずっと載せてたのですが
ビジュアルは公開したことが無かった気がします…(笑)
本編ではもうちょっと見た目は変更するかも。
本当は2008年ぐらいからいたキャラではあったんですけどね。
登場ネタが思い浮かばなくてずっと保留にしていたのですが、
今回ようやく固まったので、次回登場させられたらと思っております!

新・第三話では、助け屋の初仕事のお話が描きたいな~と。
その依頼者がこのマリーおばさん。
主にキャッピーとの絡みになっていく予定です。
シベ太は地味に活躍するフォロー役に徹します。描くの楽しみ~!






ハードディスク漁ったらでてきたよ第二段。
数年前になんとなく描いてみたキャラデザ。

犬侍


題して「犬侍」。そのまんまだけどね、
犬侍って本当にある言葉らしいね。
武士道をわきまえない侍をののしっていう言葉らしい。
そういう、ちょっと武士としてはアウトロー過ぎるキャラ達が
織り成す物語だったらおもしろいなって思う。
既出でありそうなネタだけど(笑)

主人公は黒柴の零路くん。基本的に喋らない子。天然。
名前の由来は、ウェブにおける黒のカラーコードがオール0(零)だから。
虎太郎は説明に書き忘れたけど甲斐犬。
二匹でぶつかると疾風迅雷的な感じで、零路と遂になるライバルキャラです。
梅香はキャッピーとましろを足して2で割ったような性格の子。
マキリ、アイヌ衣装×北海道犬は前から描きたかったんだよね…!
北海道犬の別名はアイヌ犬なので。

…てな感じで、まだとりあえずの4匹だけど
メインキャラを日本犬で固めてみたい(笑)


こう、息抜きで普段とは違う絵柄や作風で新シリーズものっぽいの創るの楽しい。
表現の輪が広がる感じがするよね。
まあいろんなシリーズに浮気して掛け持てるほど器用じゃないので
本腰入れてストーリー作ったり漫画描いたりするのは
あくまで今後とも助け屋SHIBETAだけになると思いますが、
一枚絵とか単発漫画でちょろっと描けたりしてもいいなーとは思ったり。






最後に、ぜんぜん脈絡ないけど、あまりに素晴らしいので紹介する!
昨日紹介されて聴いた。




PCゲーム「UNDERTALE」のラスボス、アズリエル戦に流れるBGM
「Hopes and Dreams」~「SAVE the World」のオーケストラアレンジ。

何回聴いても泣ける…(涙)

もともと大好きな楽曲ではあったけど、オケ版はやばいですね。。
指揮者いないのにちゃんと一体感があってすごい。これは生で見たい…!


Tobyfox氏の何がすごいって、ゲームもBGMもほぼ全部自分で作ったところよね。
そんで調べてみてびっくりしたけど、この人今26歳なのね…!若!
アンテ作るのに2年かかったらしいから22~24歳ぐらいの若さで
あの神ゲーを完成させたってことでしょ。これほど人を感動させる音楽を
作ったってことでしょ。当時のトビーさん今の私とほぼ同い年よ。。
しかも音楽は独学で、アンテ作るまではそれほどゲーム製作やったこともなかったとか。
すごすぎかよ…。

自分はゲームクリエイターでも作曲家でもないし
そんな天才と比べるのは恐れ多いけど、気付けばもう自分ぐらいの歳の
クリエイター達は皆そうやってどんどん才能開花させて
自分の作品を世に出してるというのに、何をやってんだろう自分は…ってなる。

趣味で地道にコツコツ描いていけば…とはいえ、
いつか自分の創作を世に出せるぐらいの大作にしたいという
野心は正直秘めてるんですよ。
第一に、雑でいいから完成させることが目標だけど。
私も、頑張ろう。創りたいものは明確、あとは形にしていくだけなんだから。
それだけだからな。別にこれ以上特別新しいことができるようになりたいとか、
技術が欲しいとか、思ってない。かえってそういうことをする時間が無駄。
今の自分ができる最大限のことをやっていくだけで
創作の完結という私の夢は叶うはずなんだ。


やっぱり、神作品に触れると元気もらえるなー。創るって最高。
なにくそって、自分もやらなきゃってなる。
犬いっぱい描くのめんどくせーとか言ってる場合じゃねえ。






追記から、11月5日~の拍手返信です。




 ...続きを読む(ここをクリック)
14:26 : 履歴:  トラックバック(-)  コメント(3)

経験は創作

*履歴*
・「第六話」 7、8P 更新


第六話更新しましたー。

ノエルはサモエドだから、サモエド・スマイルってことでいつもニコニコしてる
キャラとして描きたかったんだけど、レオンに呆れてるシーンが多すぎて
全然それが出せなくて残念(笑)
いっそいつも顔が笑ってる系キャラにした方が良かったかなw
ちなみにバロンはアラスカン・マラミュート。レオンは茶色のハスキーです。

次ページあたりからいよいよレーススタートです。
(いっぱい犬を描かなければいけない…==;)


乞うご期待!





ぶわっ


吹き荒べ!


久々に描いた、シベ太ドラゴン。ほんとはブレス発動前みたいなの
描きたかったんですが、口元に描いてみたら思いのほか変だったため
なんだかよくわからない一枚になってしまいました…風と氷描いて誤魔化したけど

シベ太はイメージ的に氷属性だよな~。
でも氷属性の主人公って滅多に見ないですよね。

ブリザードフレイム

ちなみに彼のブレスは、もはや冷気というよりも蒼い炎の様なもの。
絶対零度をも上回る、現実ではありえないぐらいの冷たさを誇る。
という設定で(笑)
ファンタジーのなんでもアリ感、いいよね。
でも私正直ファンタジーな世界観描くの苦手なんですよねw


あ、ファンタジーといえば

ファンタジー?

専門学生時代に、ファンタジーっぽいの描ける様になりたいなってことで
それっぽく描いてみたラフ。結局完成させてないけどな(笑)

やっぱそれらしくファンタジー系描くためには、ゲームとか映画とか西洋文化とか
もろもろ触発されないと難しそうだよね。
ファンタジー作品の二次創作とか好きな人はデザインとかどんどん吸収して
自分のものにしていけるんだろうけど、自分はそのへん疎いからな~^^;
現実的な世界観なら、周り見渡すだけで資料がいっぱいあるから
苦労なくていいんですけどねえ。






さてはて、余談ですが今日は自分の誕生日です。
はやいなー。ここ数年、ほんと時間経つのが早すぎてビビりますわ。

実は最近、精神的にも体力的にも負荷がかかりすぎて
潰れそうだったんですが(笑)、自分の生き方を見つめなおす機会にも
なったので、ようやくこれから良い方向へ向かえそうです。
まあ人生、山あり谷ありですからねw
大変なことであっても、経験できるということはなにより有難いことです。

こういう時は全部創作と結びつけるようにしてるんですけど、
自分自身がいろんな経験をしていろんな発見をする分、
創作に登場するキャラクターの気持ちがより解るようになるんですよね。
例えば、失敗して卑屈になってるキャラクターがいるとすれば、
作者の自分が実際に失敗して卑屈になってみれば、
よりキャラクターの感情も理解できてリアルな描写ができるようになるので、
創作の上ではプラスになるということです。
キャラクターの数だけすべてを経験するのはさすがに不可能ですが(笑)、
アイツもこんな気持ちなのかなあ~と思える機会になるという意味では、
どんな経験でも良い経験だったと思うことができます。
そう思うことで元気もでるし。


創作は最強ってことですね!!!(あ、ハイ)



そして最後に少しご報告ですが、
年明けあたりからまた絵のお仕事に集中するので、
その期間中は更新は停滞するかと思われます。ご了承ください…!
年内にできるだけ漫画進めるぞ…!






追記から、10月14日~の拍手返信です。


 ...続きを読む(ここをクリック)
11:14 : 履歴:  トラックバック(-)  コメント(8)

第六話、連載スタート!

*履歴*
・漫画 「第六話」 1~6P 掲載


お待たせしました…!!
第六話、連載スタートします!

http://tasukeyashibeta.blog.fc2.com/blog-entry-20.html

なお、以前もお知らせしたとおり、六話以降は
上記の漫画特設サイトのみにて掲載していきますので、ご注意ください。

キリが悪いですが、とりあえずレオン・バロン・ノエルの登場まで…(笑)
五話での宣言どおり、キャッピーはみっちり鍛えられてる最中ですw
犬の腰は弱いから本当は乗っちゃダメよ(笑)
そしてシベ太は緑茶で釣れるということが判明。

当初は『犬ゾリレース』と呼んでいく予定だったのですが、
この世界の住人(犬)達が「犬ゾリ」って呼ぶのもなんか違和感を感じたので、
別名称の『スレッドドッグレース』にしました。聞こえもいいし(笑)
犬ゾリは俗称ということで。



また定期的に更新していければと思ってますので、
よろしくお願いいたします…!






ハードディスク漁ってたら出てきた。4年ぐらい前の絵?

かわいいしべた


かわいいシベ太集。(笑)
たぶんペン入れしてから載せようと思ってたのに放置してたやつ。
いつもクールだけど、よーく見てるとちょっとした動作に愛嬌がありそうなシベ太。
というかなんだろう、急に普通の犬らしい感じになるw
今は昔以上に抜け目のないキャラクターとして描いてるけど、
気が緩んでる時の一面もさりげなく描写していきたいと思うんですよね(笑)





すみません、今日は出勤なのでさすがにもう寝ようかと思います(汗
コメント返信はまた後日させていただきます…!

おやすみなさい(==)

02:42 : 履歴:  トラックバック(-)  コメント(8)

次回こそは!

選択


ましろとあーちゃんの過去編の構想カット。
頬の傷ができたてホヤホヤの頃ですね(笑)

当時のあーちゃんはいろいろと危険な立場にあったので、
自分の弱みや負担にならないようにするためにも、
誰の力も借りずに生きていこうとしてたんですよね。
同類の犬たちとは利害の一致で協力したりっていうことはあった様ですが、
自分にとって損か得かがすべてで、そこに仲間意識や情けはありませんでした。
そんな中でましろと出会うのですが、自分を気にかけてくれるましろにすら
冷たい言葉を言い放って関わりを絶とうとしてしまいます。

今じゃ見る影もないけど(笑)
というよりは、幼かった頃の本来のあーちゃんに戻っただけなんですけどね。
なにより記憶喪失だったので、その間は素の情深くて明るい自分を
すっかり忘れちゃってた感じ。
そういう荒れてた時代の尖ってて不器用なあーちゃん描くのも好きなので
こっちの過去編も早く描きたいところですね。描きたい話がいっぱいだ…!


ところで、すごく久々にまともに絵を描く気になれたので
この絵を完成させたんですが、あまりに熱中しすぎて
出勤だというのに夜から朝の6時過ぎまで描き続けてしまって
見事に職場でボロボロでしたww(^p^)
(ちなみに起きるのは6:50なので40分ぐらいしか寝てない)

迷ったんですよ、さすがに寝なきゃって(笑)
でも、できればモチベーションが最高潮の時に
一気に描きたいって思ってしまったんですよね…!この馬鹿が。
描きたい時に描かなければ、いい絵は描けなくなるからなあ。。
だからあんまり日を別けて絵を完成させることって少ないんですよね。
描く時は一気に仕上げる感じ。
スイッチ入ると引き際がわからなくなるのが自分の悪い癖です(笑)



さらにもういっちょ

!


久々の!擬人化。
んーこんな感じの描き方で安定させたい。
進歩してきてると思うけど、もっと手早く描ける様になりたいな~。

****

好きなものを基準に絵を描いてると、苦手意識のあった絵ですら
いつの間にか楽しく描ける様になってくるんですよね。

自分の場合は犬、特に柴シベや創作がそれにあたるけど、
犬というモチーフで色んなタッチを試したり、
キャラクターを作ったりするのに始まって、
そのキャラをいい風景の中に立たせてあげたいとか思ってからは
背景もちゃんと描くようになったし、
転じて今度は擬人化したら面白いんじゃないかとか思い始めてからは
人物絵も練習するようになったし。遠回りはしたけど、結果的に
犬を描き続けてきたお陰で、発想がいろんな方向に派生していって、
いろんなものを楽しんで描ける様になりつつある。

なので、やっぱり好きなものを描き続けて良かったんだなあと、思ってます。
苦手なものを無理に克服しようとするより、
好きなものの幅を広げて、いかに苦手なものと結び付けていくか、
ってところなんでしょうね~。






6-1.jpg


さてさて、大変お待たせしておりますが
次回の更新から第六話、少しずつ載せていけたらと思います…!!
まだラストスパートの下書きも途中なんですが、もう変更はないだろうというところは
様子を見つつ進めていけたらなと。
ちょうど寒い時期になってきたし、犬ゾリネタ描くにはちょうどいい時期かも(笑)



追記から、9月4日~の拍手返信です。

 ...続きを読む(ここをクリック)
13:45 : その他:  トラックバック(-)  コメント(4)

秋(特急)

お久しぶりです…!
だいぶ日が空いてしまい申し訳ありませんでした…。
ここ最近いろいろとありまして精神的にも肉体的にもきてましたが、
もろもろだいぶ落ち着いてきたので、更新ペースももうちょっと
がんばりたいなと思っている所存です…。
(何回いってるんだろこのセリフ…)


さてさて、長い夏休みも終了しましたね!(にっこり)
ま、自分はお盆休みすらいっさい関係なかったので
夏休みもクソもぜんぜん実感ないですが(笑)
それよか最近急に寒くなってビビってる(笑)
秋さん来るの早すぎないすか…?嬉しいけどさ…


私的に思うんですけど、なんかもうね、夏休みは無いなら無いで
いいような気がしてきましたね!うん。
長期で休めるのは嬉しいんですけど、その代わりに
課題に追われたりとか、特に予定がないとグダグダと無駄に一日を
過ごしてしまうのが苦痛だった記憶が強いんですよね。。
楽しむというよりも焦燥感。
休み明けのボーっとした感覚も嫌だったし。

日常生活に適度な拘束やストレスがある方が、好きなことをやりたいって
気持ちが増大したりもするんですよね~。
テスト前ほどやりたい事が出てくるのと同じ原理で(笑)


でもな、とはいえな、せっかくの夏ってのはあるからな、
せめて3連休ぐらいほしいとは思ってしまうけどな…?







キャッピーの過去

お盆で思い出したけど、キャッピーの過去の話とかも
ゆくゆく本編で描きたいです。
シベ太とキャッピーが、キャッピーの両親のお墓参りに行って、
その成り行きでキャッピーが自分の事を話す…みたいな構想。

両親が亡くなったところまでは明らかになってるけど、
キャッピーの心の傷って両親との死別そのものだけじゃないんですよね。
今でこそあんな朗らかな笑顔を見せてるキャッピーですが、
昔は無感情を装って周りを寄せ付けなかった時期もあったり…。
そのあたりのことをお見せできる回を設けたいなと思っています。



6-22.jpg


犬ゾリしろよ。

随所でシベキャピを挟みたくなる病(笑)

第六話の下書きも一応進んでますよ…!地道に。
正直、第六話で一番描きたかったシーンまで到達してしまったので
気は抜けてますが(笑)
下書きはあと一息で終わるので、掲載までもうちょっと待っててください(`;ω;')


そうげつ

最後に送月。すっごい久々に描いたコイツ…!!
送月は送り犬なので、狼とも犬とも取れるようなフォルムしてます。
そういえば今更だけど、送月の顔の傷ってシルビアの顔の傷と同じなんですよ。
ただ反転しただけという(笑)
まあ特に深い理由があるとかじゃないんですがね(ないんかい)






コメント返信が遅れてしまい申し訳ございませんでした…。
追記から、7月9日~の拍手返信です。


 ...続きを読む(ここをクリック)
09:53 : その他:  トラックバック(-)  コメント(10)