FC2ブログ

第一話~Shibeta's perspective~

先日のフルカラー漫画、完成したので告知させていただきます!

1_20181006213243506.jpg


助け屋SHIBETA 第一話 

~Shibeta's perspective~



pixiv boothにてDL販売させていただきます。
販売URL→https://ginziro.booth.pm/items/1038511

【価格】 500円
【ページ数】 全22P
【1Pサイズ】 1000×1412px
【ファイル形式】 PDF形式

___________


改めてご紹介しますと、
本編・第一話をシベ太目線のフルカラーで描いた漫画作品となります。
普段見せることのないシベ太の感情がすべてモノローグで書かれており、
本編と照らし合わせながら読んでいただけたら、と思っております…!

タイトルが無駄に長いので、「第一話SP」とか「シベパス」とか
略して呼んでもらっていいと思います。私は以後そうします(


2_201810062132454d2.jpg

3_20181006213246c91.jpg 4_20181006213246273.jpg

5_20181006213248f77.jpg


サンプルでは画像を縮小していますが、お渡しするサイズはもっと大きいです。

価格設定については、データ配信な上ページ数は少ないのですが
背景も全ページカラーで普段のイラストぐらいガッツリ描きこんでるので、
そこはご理解いただければ…!><。


いやあ、久々に頑張りました。疲れたけど今年の渾身の一作かも(笑)
内容自体もそうなんですけど、今作はカラーなので
モノクロでは出せなかった空気感を存分に表現することができて満足です。
特に第一話は、寒々しい大雨の夜から清々しい冬の朝に場面が変わるので、
前半と後半の空気の温度がガラッと変わります。
これを白黒で表現するのはやはり限界がありましたからね^^;
そういうところも踏まえて、この世界観を改めて
フルカラーで楽しんでいただけたらなと…!


6_20181006213250c70.jpg

シベ太がこんな顔したりとか。(笑)


ご興味があれば、ぜひよろしくお願いいたします~!






通常のらくがき

敵対

今の設定をいじってifが描けるなら、シベ太とキャッピーが敵対同士な関係で
漫画描いてみたかったりする(笑)
シベ太は悪の組織側の犬で、キャッピーたちはそれを阻止する側の組織で。
対立関係なんだけどだんだん惹かれあってしまって葛藤する的な話をだな…

切なくてもどかしいけど、そういう関係も結構好きなんじゃーー(=ω=)


りある

この人描く度に顔つき変わるんだけど(笑)

でも最近描いた中では一番シベ太っぽいかも。
絵柄のせいだとは思うんだけどデフォルメ効かせて描くより
こう、ちょっとリアル目に寄せた方が自分の理想には近くなるんだよな。
でもキャッピーの擬人化とかはデフォルメ色強い方が理想に近いから
加減に困る。安定させたいんだけどなー。





さて、カラー漫画も無事描き終えて創作意欲も保たれてるうちに
第6話をさっさと終わらせるぞ…!終わらせるぞ。
そもそも6話の連載開始してもうすぐ1年経つという事実。。
他の話もそうだったけど、この1話に1年ほど費やすペースを
なんとかしたいですね(=w=;)


追記から、9月15日~の拍手返信です。

 ...続きを読む(ここをクリック)
17:44 : お知らせ:  トラックバック(-)  コメント(4)

カラー漫画進行中

ウワァォーー!!!(^O^)すみません!
一ヶ月以上放置してしまいました…


前回の予告どおり、最近はカラー漫画の方をコツコツ進めてるので
本編は進展なしです…ごめんなさい><;
カラー、今で14P目が完成したところです。
シーンで言うとシベ太くんがコタツで寝ながらいろいろ考えてるあたり。

1

ちょろっとだけだけど、シベ太の過去の描写も入ってます。
細かくは描いてないのですが、シベ太に何があったのか
おおよそ検討がつくコマもあるので考察のネタにでもしてもらえれば…(笑)


それにしてもフルカラーだから1ページ描き上げるごとの反動がしんどい(笑)
そのぶん見栄えはいいんだけどね。。
実はネームを一通り描かずにぶっつけで描き進めてるので
全何ページになるのか予測できないのですが、おそらく20P前後ぐらいに
なるんじゃないかな~と思ってます。
そしてできれば9月か10月中に公開・販売できればとは思っております…!

カラー漫画仕上げるの慣れたらモノクロ漫画ぐらいポンポン進められるようになる気がする。
そうなったらいいよね。…気がするだけだけど。







せっしー

セシリオさん。
やや潔癖なところがあるから基本的に二足歩行してそう。

この世界の犬たちは、まあ普通に犬という生き物だということもあり
人間の基準に比べるとそれほど体が汚れたりすることを気にしないのですが、
綺麗好きとかおしゃれ好きな犬は気にしたりすることもあります。

ちなみにセシリオ、現実のワイマラナーのルーツに則って、
ロングヘアード(劣性遺伝)であるがゆえに家族に捨てられた
過去を持っている犬です。血統に厳しい家柄だったのかと。
現実の今ではロングヘアードのワイマラナーも犬種として認められていますが、
シベ太たちの世界だとまだ公式には受け入れられていません。
犬種差別の闇は深いです。


りあるせっしー

リアルセッシー。
ワイマラナーって気品ある犬ですよね…
顔つきもどことなく人間味がある。
個人的にはロングへアードの方が好き。


かいざー

カイザーもな~。
本編での描写にちょっと悩んでる。

今のところ小物臭プンプンのクズ、みたいな印象しか根付いてないと思うんですけど
彼が荒れたのにももちろん理由がある。でもその一面を見せるべきかどうか。
歪んでるキャラって、どうしてこうなった?ってところをどれぐらい見せるかどうかで
だいぶ印象変わっちゃうんですよね。良くも悪くも。
作品の方向自体、勧善懲悪ものではないので対立キャラサイドの事情を
見せるシーンもちょこちょこ挟む予定ではあるのですが、
カイザーは逆にあえて多くを語らせず、本編では悪役を貫いて欲しい様な気持ちもある。
その徹底ぶりが彼の魅力に繋がるような気がする。



ゴールデン

ゴールデンモフモフ。垂れ耳のおっきいわんちゃんって可愛いよね…
包容力がやばい。
早く第六話終わらせてマリーの話描きたい。






改めて、更新遅れて申し訳ありませんでした…。

周期的なもので、ガクンと無気力になってしまうことがあるのですが
更新が滞ってる時はだいたいそういう時期なんだと思っていただければ…^^;
今はまた上昇してるので大丈夫です…!

あと、絵を更新しないからといって創作を放置してるわけでもないので
ご安心を…(笑)絵を描いてない時は本編のプロットとかを進めてます。
次の話とかももうほぼ書き終えてるので、
第六話が終わり次第すぐ取り掛かれたらいいなと…
まずはカラー漫画終わらせたいですが(笑)



追記から、7月25日~の拍手返信です。


 ...続きを読む(ここをクリック)
08:00 : その他:  トラックバック(-)  コメント(4)

あっつーい

*履歴*
・漫画「第六話」 25、26P 更新



しばらくサボっててすみませんでした…!><
久々の更新です。

そういえばバロンさん、無口キャラとはいえびっくりするほど喋ってないよね…
今更ながら(笑)


***************


突然だけど、

ちょっとオールカラーで短編漫画描こうかなと。

なんの漫画かっていうと、第一話のシベ太視点のお話です。
キャッピーが気を失っていた間のシベ太の行動に加えて、
ほぼシベ太のモノローグで構成する予定。

普段のシベ太は何を考えてるのかわからないところがミソなので
本編ではむしろモノローグを描かないように気を付けているキャラなのですが、
今作ではあえてガッツリ心理描写を描こうという試み。
あの時こんなこと考えてたんだな~とか、
第一話の答え合わせ的な感じで読んでいただきたいな~と…!

ただ、申し訳ないのですがこの作品に至っては
pixiv boothあたりで有料ダウンロード配信する予定でいます。
本編を有料化するような事は今のところ考えていませんが、
内容的に濃い感じの番外編やショートストーリーなどは
もしかしたら今後ちょいちょい有料コンテンツで配信していくかもしれません。


あくまでサブストーリーなのでそれほどページ数が多くなるわけじゃないんですが、
代わりにちゃんと高画質カラーでなるべく綺麗に仕上げられたら…と思ってます!


完成できればね…(笑)

sample.jpg

さわりの部分は描き進めているけど、とにもかくにも
背景がしんどい。でもいい練習にはなりそうね(^p^)





ドラゴン

アナログドラゴン。水彩絵の具と水彩色鉛筆。
写メったやつだから画質はお許しを…

職場でずっと描いてました(笑)
いや、サボってるんじゃなくて、これが業務なのです。
画材のサンプルということで店頭に飾るための絵。
ってことで最近はしょっちゅうアナログで絵描いてます!鍛えられるぜー。

なんか鱗がある生き物描いてくださいよって言われたから
ドラゴン描いたんですけど、スケッチ的なコンセプトが前提で
トカゲとか想像してたらしくて、あーそっちかーってなってしまいました^^;w
そりゃスケッチでドラゴンは描かないわな。いないし(笑)


病院嫌い1
病院嫌い2
病院嫌い3

いつもポーカーフェイスなシベ太くんが
唯一めちゃくちゃ怖がるのは病院です。

身体に何かされるっていうのが駄目。薬品くさい空間や物も駄目。
それでもどうしてもっていうなら頑張って耐えるけど、
震え止まらないし尻尾も巻いてしまいます(笑)

そうなっちゃうのは、実はワケアリだったりするんですけどね…

こわいー

ちなみに、うちの愛犬・銀次郎も病院嫌い。(笑)

鼻を鳴らしたり、声を上げたりする子ではないんですけど、
高所恐怖症もあってか、診察台の上に置かれると
伏せたままじわりじわりと私の腕に前足をかけてきて、しまいには
↑みたいな感じで抱きついてきます。先生に笑われながらこの体勢で注射打たれてます。

ちょーカワイイです。(笑)

あと頼られてる感じがして嬉しい。
これが楽しみで動物病院行くよね(



らくがき。

くろしば

なぞいぬ

なんも考えてないとワンパターンな絵ばっかになっちゃう。






殺人猛暑やばいですね…。
というか毎度のことながら気付いたらもうすぐ8月で
なんだこの早さは…ってなってます^^;毎月言ってる気がするな、これ(笑)
熱中症には気をつけましょう!塩飴とか食べましょう。



遅れてしまい大変申し訳ございませんでした。
追記から、6月5日~の拍手返信です。


 ...続きを読む(ここをクリック)
16:07 : 履歴:  トラックバック(-)  コメント(4)

中国書籍の盗作について

突然のご報告になり申し訳ありません。

先日、中国のファンの方から
私の作品が無断で商用利用されていた、というご報告をいただきまして、
私の方からここに自分の作品であることの提示をした方が良いとの
お話をいただきましたので、注意勧告もかねた対処のためにここに内容を記します。


日本の方には無縁の本だとは思いますが、
中国の方も私の作品を知っている方が多くいるとのことなので、
もしご協力いただけるのであれば
以下の本を見つけても絶対に購入しないでください。





kkk.jpg

Please do not purchase the following books.
This book infringes copyright.


请不要购买以下书籍。
本书侵犯版权。


タイトル(中国語):「超级漫画动物素描宝典(第2版)」
著者:MCOO动漫(中国语)
著作権:人民邮电出版社
出版社:人民邮电出版社
出版年:2017-02-01
紙価格(中国人民元):¥49.80
予約番号(ISBN):9787115440303
カテゴリ:文学&芸術 - デザインアート



以下、該当のページです。

<盗作↓>
85da9945fe00bed5b9f3f90f76c66137ee064f30 (2) 3de9eaeb604d834.jpg

<私の絵↓>
ひめさまだっこ


<盗作↓>
85da9945fe00bed5b9f3f90f76c66137ee064f30.jpg


<私の絵↓>
ショタハス


いずれもかなり前に描いた作品にはなりますが、明らかに私の作品です。
動物の描き方的な本のようですが、全体的にほぼ盗用で成り立ってる本です。
勝手にメイキングもされていますが、こんな手順で仕上げた作品ではありません。
表紙の右上にもポケモンのモルフォンらしきものがいますし、
他にも日本のアニメのキャラクターやディズニー作品のキャラクターなども
たくさん盗まれてます。

海外圏の問題となるとこちらからできる対応にも限界があるのが
悔やまれますが、せめてこの悪行が知れ渡って、即刻
販売停止になる事を願います…。






ただ誤解しないでいただきたいのは、
決して中国の著作権に対する意識の低さを非難したくて
ここに書いているわけではない、ということです。

現に、盗作されているというご連絡をくださったのも
以前から応援してくださっていた中国の方々であり、
私に代わってこの出版社に連絡を取ってくださるとも自ら名乗り出てくれました。
今も積極的にご協力くださり、同じく盗作被害にあっていた他の絵描きの方への
呼びかけも行っているそうです。
同国としての責任を感じて謝ってもくれましたが、この人達が謝る必要など
微塵もなく、余計にこの出版社に腹が立ちます。

どの国にも理解のある良い人もいれば、悪い人もいます。
同じ日本人ですらそうです。
憎むべきは国民性などという不確かで漠然としたものではなく、
杜撰な認識で悪質行為を行っている組織や個人そのものです。


*****


私もかつては甘い認識から過ちを犯したこともありましたので
自身のされたことで騒ぎ立てるのは気が引けますが、
その一件で著作権の重大さを改めて痛感したのも確かなので、
自分は徹底していくと同時に、一層こういった件についても
拡散・警告していく必要があると今は考えています。

また、前回の記事で警戒していたことはまさにこういう事例のことですので、
あわせて周知いただければと思います。


ご報告の記事につき、コメントなどは不可とさせていただきます。
認知とご協力のほど、何卒よろしくお願い致します。

10:11 : お知らせ:  トラックバック(-)  コメント(-)

ありがとうございました!!

*履歴*
・漫画 「第六話」 22~24P 更新



先日はたくさんのご祝辞、本当にありがとうございました!!
お付き合いの長い方からも、初めてコメントを下さった方からも、
多くの方から嬉しいお言葉をいただけてとても感激しました。
やはり、見ていてくださる方がいると認識できることが
何よりの励みになっております…!

****

その喜びのあまりモチベーションMAXだったので
本編も捗りました!!というわけで3P更新しました。

以前ラフもちょこっと載せましたが、今回の話で一番描きたかったところです(笑)
このさりげないシベキャピね。いつでもぶっこんでくるからね。
シベ太は緊急時でやむを得ない時とかならこういうことしても恥ずかしがらないです。
あーちゃん、滑落しながら早脱ぎとか何気にすごいと思う(笑)






りある1
りある2
りある3

もしシベ太たちが現実のわんこだったら。

こんな感じかなーって(笑)

シベ太はずんぐり丸みがある短足っぽい感じのハスキーではなくて、
狼っぽい感じの体格のハスキー。
キャッピーはタヌキ顔系柴。柴の中ではやや大き目の体格?
あーちゃんはシベ太よりちょっと毛足が長い。ワイルドに見えるハスキー。
ましろは毛並みとスタイルのいい紀州犬。
風牙はもっふりしてて目つきの優しい狼犬。

個体差がしっかりあればいいなと思います。


けんしろう

「おまえのようなババアがいるか!!」


いま北斗の拳読んでます、面白いぞ…!ヒャッハー!!
とりあえず18巻まで読みました。
勧善懲悪もので、主人公ケンシロウは優しい心の持ち主なのですが
悪党達には容赦なく数え切れないぐらい殺しまくる残忍な一面もあります。
葛藤する描写もいっさいありません。
金はケツを拭く紙にすらならない。生きるか死ぬかで秩序もへったくりもない。
そういう非情な世紀末という狂った世界観だからそれがしっくりくる。
ケンシロウもまた、この時代を生きている一人なんだなあって感じがします。

ケンシロウかっこいい。
子供には頭なでたり優しかったりするところが好きだけど
真顔で皮肉言ったりするところも好き(笑)
ケンさん18歳説を見かけたけどマジなんだろうか。こんな18歳がいてたまるか…

ラオウとトキの闘いでは熱い涙が零れたよ…
ラオウ、確かに野心家なんだけど強い意志で向かってきた敵に対しては
殺しても敬意を表したり、褒め称えてるんだよね。時には見逃したり。
あの徹底した信念の生き様からの「我が生涯に一片の悔い無し」は
最強にカッコよかったです。ラオウに限らず皆各々の信念を貫いていて素敵。
レイもすげーいい奴で泣けた。
出番少なかったけど何気にジュウザの飄々としたキャラも好きでした。
原哲夫先生の絵って劇画調だし男性陣はみんな厳ついんだけど
子供のあどけない描写とかも魅力なんですよ。
それだけに、バットとリンが成長した姿を見た時はうおー!!
ってなりました(いい意味で)


ん~すさまじく語彙力のない感想!!

百聞は一見にしかず。ぜひ読んでみるあべし。


*******

正直なところデフォルメのアニメ塗りより
リアル系厚塗りを描く方が好きなこの頃(笑)






話は10周年に戻りますが、個人的に素敵なプレゼントをくださった方々、
本当にありがとうございました!!大切にさせていただきます!

2012年にも一度お知らせいたしましたが、
この機会に再度改めて明記させていただくと、
今まで皆様からいただいたイラストやプレゼントにつきましては、
ここでご紹介させていただきたい気持ちも山々に、
原則ここではアップせず、個人的に大切に保管させていただくという
方針を取らせていただいております。

というのも、現状一部の海外の方からの無断転載・無断加工被害が絶えないからです。
今のところほとんど悪意のないものであるため
私の作品に関しては黙認しているのですが、
他の方が描いてくださった作品となるとやはり話は別だと考えております。
万一私の手の及ばない場所で悪用や盗用などに発展した場合、
言語も通じない場合となると私の方では対処しきれない可能性も
あるため、せっかく私のために作品を描いてくれた方々が
そういった被害に巻き込まれるようなことがないようにと、
このような判断に至っております。
(なにより、せっかく私がいただいた作品なのに理解のない人に
 勝手に使われるのは、個人的にも悔しいし嫌なので…)

あくまで作品の著作権は制作者様にあり、
作品をくださった皆様がご自身のSNSやサイトなどで
掲載される分にはもちろんまったく問題ございませんが、
なんでここで紹介してくれないんだろうと
もし疑問に思っていらっしゃる方がおりましたら、
こういった事情があることをあらかじめご了承いただけましたら幸いです。

何卒ご理解のほど、よろしくお願いいたします。






追記から、5月24日~の拍手返信です。

 ...続きを読む(ここをクリック)
17:14 : 履歴:  トラックバック(-)  コメント(4)