FC2ブログ

お役立ち情報

*お役立ち情報*
知っていれば日常生活などで重宝しそうな知識を自分なりにまとめてみました。
気が向いたらちまちま更新していきます。少しでもお役に立てれば幸いです。

見たい項目をクリック!



~医療関係~
※ここに載せている画像はWEB用に縮小しているため、
印刷すると画像が潰れてしまう可能性があります。
A4サイズで印刷をご希望の場合はメールでご連絡ください。

<応急手当> 
出血や怪我など、日常で使えそうな処置の方法です。
・ケガ(擦り傷・切り傷)の対処法
・止血点の圧迫(間接圧迫止血法)
・どうしても出血が止まらない場合は
・打撲、捻挫時の対処
・手と腕のケガ
・間違った応急手当
(全部まとめて読む)

<心肺蘇生法> 
①倒れている人を発見したら
②助けを呼びかける
③気道確保
④呼吸の確認
⑤人工呼吸※省略OK
⑥胸骨圧迫(心臓マッサージ)
⑦マッサージのやり方
・反応は無いけど呼吸はしている時は?
・救助者が二人以上いる時は
・心肺蘇生法を止めるタイミング
・おわりに
(全部まとめて読む)


~絵関連~
<○○の描き方>
超私流+正確さには自信が無いですが、メイキング的な感覚で。
・海の描き方


~羊毛フェルト関連~
・植毛のやり方
・アクリルガッシュで毛を染めよう
・あると役に立つ小道具

21:49 : ◆お役立ち情報トラックバック(0)  コメント(0)

染色のやり方

<アクリルガッシュで染色しよう>

・パーツの先っぽだけほんのり色を付けたいんだけど、
 羊毛を付け足すのはめんどくさい…

・他の色の羊毛を重ねると境界線が不自然…

・使いたい羊毛の色を持ってない!


染色

こんな場合は、絵の具を使って染めると簡単です。


++++


①染料を作ろう
今回は耐水性がある絵の具・アクリルガッシュを使います。

001_20120602160635.jpg

適当な入れ物に、水(7):アクリルガッシュ(3)の割合で混ぜ合わせます。
絵の具の量が多いと乾いた後にガビガビになってしまうので
必ず水の割合を多くします。

染める羊毛の量や、色の濃さによって絵の具と水の量を調節します。




②羊毛フェルトを浸します。
浮力が働くので、手でがっつり押し込みます。

002_20120602160633.jpg


003_20120602160632.jpg

なんか・・・おいしそう。


※あらかじめ作ったパーツ(手や尻尾など)を部分的に染めたい場合は、
 染めたい場所に①で作った染色液を多めに垂らしてよく揉み、染み込ませます。



③搾ってまた漬けて・・・を繰り返します。
羊毛フェルトが少量の場合ならこれを数回繰り返すだけで大体色が付きます。
が、しっかり染めたい場合や羊毛の量が多い場合は
数時間浸しておいた方がいいかもしれません。

004_20120602160631.jpg



④干します。
羊毛を平たく伸ばす時は、乾いた後毛玉ができたりまとまりが悪くならないように
繊維の向きに気をつけます。

005_20120602160630.jpg



⑤数時間乾かしたら完成!
干した後は少しチリチリしてしまっているので、
これも繊維の向きに気をつけてちぎりながら混ぜます。
染色前に比べると少しゴワッとしてしまいますが、制作上にはさして差し支えはないと思います。

022_20120602160629.jpg

17:30 : ◆お役立ち情報トラックバック(0)  コメント(0)

あると役に立つもの

<あると役に立つもの>
製作の上であると役に立つものの紹介です。




021_20120602160833.jpg

・手芸綿
100均とかに普通に売ってる綿でOK。
羊毛フェルトより繊維が太く、数回刺すだけですぐにまとまり、
少量でも十分に硬くなるので、作品の芯として適しています。

せつやく

普通に羊毛フェルトを刺し固めて作るのもいいのですが、
あとで植毛したりすることを考えると量もたくさん使うし、
わざわざ見えなくなる部分に貴重な羊毛フェルトを使わずとも、
丸めて固めた安い綿に羊毛フェルトを薄く巻いて刺し固めるだけで
簡単に代用できちゃいます。

羊毛フェルトの節約にもなるし、芯もしっかりするので一石二鳥です♪


ちなみに、やろうと思えば綿だけでも作品は作れます。(笑)
020_20120602160831.jpg

植毛するにはさすがに難しいですけどね^^;w



+++++


023_20120602160832.jpg

・眉毛用のハサミ


眉毛用じゃなくても、小型のハサミならOK。
植毛をする時や、無駄な繊維を切って形を整える時に便利です。


16:36 : ◆お役立ち情報トラックバック(0)  コメント(0)

植毛のやり方

<植毛のやり方>

長い毛並みを表現したい、リアルな作品を作りたい、となった時に
役に立つのがこの「植毛」です。




①羊毛フェルトをすっと引き抜きます。

024.jpg


するとこんな状態になります。

025.jpg




②2つ折りにします。
長く取りすぎてしまったらカットして小分けにしたり3つ折りにしたり。

026_20120602160742.jpg




③わっかになった部分を植毛したい部分に刺します。
ここが毛の根元になるので、しっかり植え込まないとあとで取れちゃうかもしれないから注意。

027.jpg




④毛先を好きな長さにカットして完成。

028.jpg


これを密度や配色を考えながら繰り返すことで、毛並みを表現することができます。
また、羊毛の種類によって植毛に適したものとそうでないものがあるので
作るものによって使い分けてみるといいかもしれません。

16:02 : ◆お役立ち情報トラックバック(0)  コメント(0)

海の描き方

 ...続きを読む(ここをクリック)
17:45 : ◆お役立ち情報トラックバック(0)  コメント(5)