FC2ブログ

最近無駄語りが多いぞ…

*履歴*
・漫画「第二話」 9ページ目 更新

完成してたのにずっと載せ忘れてた…(笑)

****

思いつきで森描いた。

もり

ガーって描いたのであまり細部はこだわってないです(笑)
自然が多いとこに行きたい。という願望。


シマエナガたん!!

シマエナガ

シマエナガかわいいよシマエナガ。見るだけでによによしてしまう。
もっと知られるべき。そして愛でられるべき。
まじ天使なので画像検索してみてください!

1353290803lJjFJo8HR4MVUDK1353290786.gif

なに作ってんだろう私…。



シマエナガ?

なに描いてんだろう私…。


*****

ぎんじろっち

ぎんじろっち。

昔のたまごっちにいたキャラなんですけど、今時の子は多分知らないよね…。
更に言うとミカチューとばんぞー博士を知っている人は
当時の世代の人でもなかなかいないだろうな(笑)

元祖たまごっちは好きだったなー。あのグラフィックの
ゆるさが好きだった。設定もシュールな感じで
なんともいえない可愛さがあったんだよなあ~。
病気のどくろマークをエアコンと勘違いしたり、
いつの間にか死んでてショックを受けたりしたのはいい思い出。w

今のたまごっちってすごいキラキラしてるよね。^^;
対象年齢が小学生女子って感じでかなり限定された感じがする。
元祖ファンとしては、好きだったキャラがいなくなっちゃったり
キャラのデザインが懲りすぎて好きじゃなかったりで残念に思った。

やったことないから詳しく知らないけど、
ゲームの仕様も色々と変わってるみたいですよね。
死ぬ間際に死神が来るとか、救急車呼んだり先祖を供養すると助けてもらえるとか、
成長しきったキャラは死ぬんじゃなくて家出をするとか。
死ぬ関連ばかりにしか触れてないですが(笑

+++

ゲームにおいての『死』の概念、個人的にはある方が好きです。
(自分がやる分には無い方がいいのだけれど^^;)

なんだろう、命に限りがあるって思うと
それだけ大事にしようと思えるし、愛着がわくよね。
ゲームオーバーで死ぬとかじゃなくて、
たとえ登場キャラが死んでも(いなくなっても)やり直しが効かなくて
話がそのまま進んでいくゲームとか。
そういう設定は妙にぞっとするけど、現実的で価値を感じる。

育成ゲームは大半がそんな感じがするけど、
RPGでもものによってはありますよね。
私がとっさに思いつくのだと「スウィートホーム」っていう
FCのホラーRPGなんですが、パーティは最初から最後まで5人固定で、
仲間が戦闘や屋敷内の罠で死んだりすると
二度と生き返らせることができず、死んだポイントに死体のグラフィックが
永久に残り続ける…っていう、臨場感たっぷりのゲームです。
最終的に1人になってしまってもラスボス戦には挑めるのですが、
その分難易度も上がってしまいます。エンディングももちろん変わります。
購入とかは一切不可。
シビアだけど、面白いシステムだと思う。

こういうのをポケモンとかに取り入れたらどうなんだろうなーって
よく想像します(笑)
本家ポケモンは瀕死になってもポケセン連れてけば一瞬で全回復だけども。
もし、瀕死になって一定時間が経つと力尽きてポケモンが死んでしまうとか、
死んだ数だけポケモンタワー系統の施設にお墓が増えていくとか、
死んだ時のなつき度が低かった場合に
稀に戦闘で手持ちポケモンが呪いにかけられるとか…
うわっ、我ながら怖くなってきたぞ…(笑)
あとはそうだな…
ポケセン使うにしても数日間入院させられるとか、
回復アイテムも在庫が限られてるとか、
ロケット団系統にポケモンを奪われることがあるとか…
うわっ、めんどくせえ!(笑)

仮にこんな設定になったとしたら子供達にトラウマを植え付けること間違いなしですねw
でも迂闊にポケモンを死なせられないんだって思わせたり
罪悪感を生ませることで、プレイヤーの思いやりの心を
育てることができるのでは…っ!?現実は厳しいんだぞ!っていうことを教えたり。
…ゲーム的には問題かもしれませんがww
あくまでゲームはゲーム、娯楽ですからね(=ω=;)w



私はゲーム内だとしても育ててる生き物が死んだりすると
立ち直れない派の人間です…^^;メンタル弱いのでw
『牧場物語』で鶏を一羽病死させた時も、衝撃のあまり親に泣きついて
ゲーム自体やるのが怖くてしばらく封印してしまったこともあったし、
たまごっち系の携帯育成ゲームとかも死んじゃった時に
二度とこういうことが起こらない様にと、本体の電池を抜いて
一生起動しない様にしてしまったこともあった(苦笑)
悲しいっていうか、怖いんですよね、ほんと。
自分のせいでそうなったって思い知るから怖いのかな。
あー怖い怖い。
00:00 : その他トラックバック(0)  コメント(6)
うほっ、いいシマエナガ・・・一体何モノなんだ!夢に出そうw

ぎんじろっち懐かしいですね。今はいない感じなんですかね。
カワイイのに。
初期のたまごっちは大いにハマりましたねぇw
あの死ぬ直前の心電図のような音が結構トラウマだったりします。
あえて出来の悪いくちぱっちやますくっちにするのが楽しかったです。
初期のシュールな雰囲気がとても好きでしたねぇ^^
ちょっと似てるどうぶつの森なんかの超ドライな感じも大好きです。

スウィートホームなんて古いのをよく知ってますね!
小さい頃プレイして(させられ)最初の扉が開くところや絵の場所で泣いた記憶がありますw
割と最近にやったら全然何も感じなくてむしろ楽しかったですがw

2012/11/20(火) 21:08:18 | ジンペイ │ URL | [編集]

At the beginning, Tajiri Satoshi really wanted Pokemon to die in his game, but he decided to tone down the violence. So Pokemon faint instead of die.

英語すみません・・・

2012/11/22(木) 01:25:20 | (無記名) │ URL | [編集]

お久しぶりですー!!シマエナガちゃんかわいいですねっ!!ってか、すごい顔に・・・(;゚Д゚)ぎんじろっち!初めて見たけど、かわいいですねー!!色合いも見た目も好み過ぎる・・・´///`人*

2012/11/22(木) 17:52:49 | 青ケロ │ URL | [編集]

ジンペイさん、コメントありがとうございます!

や ら な い k(
さすがにこれが夢に出てくるのは嫌ですねw

ぎんじろっち可愛いですよね。今はいないみたいです…悲しい。
そうなんですよね…!あの死に際の「ピーーーーー」っていう音が実にトラウマ…
それは今のたまごっちにも引き継がれているみたいですが(笑)
当時はお世話の仕方でキャラが変わるということを知らなかったので
お目当てのたまごっちにならなくててっきり出てこないものだと思っていました…w
ますくっち懐かしい…!成長するとおやじっちになるんでしたっけw
どうぶつの森も和やかでいいですよね~。育成ではなく友達として
接するというドライさが気楽で好きでした(笑)

ホラー系のゲームはわりとチェックしてるんですよ~♪
扉の開き方は意味深でしたよね…別に何も出てきたりはしなかったんですがw
フラスコ画もなんともいえない怖さがありましたよね。FC画質だから余計に…。
私は今の歳でプレイしたとしても怖くて投げ出してしまうと思います…w
横で見てるのが一番っ!(=ω=)

2012/11/22(木) 20:41:46 | あやか(管理人) │ URL | [編集]

無記名の方、コメントありがとうございます!
日本語のお返事で大丈夫でしょうか…。

なるほど、田尻さんは最初はそんな予定をしていたのですね。
確かに対象年齢が子供向けだと、あまりシビアな描写は入れられないですもんね…。
情報提供ありがとうございます!

2012/11/22(木) 20:45:48 | あやか(管理人) │ URL | [編集]

青ケロさん、お久しぶりです。
コメントありがとうございます!

シマエナガは可愛いですよねー!(*´ω`*)
顔は…ほんの出来心です(笑)
ぎんじろっちの配色は寒色系でいいですよね。
私も昔から好きでした^^
なんで名前がぎんじろっちなのか、由来が気になるところです(笑)

2012/11/22(木) 20:48:03 | あやか(管理人) │ URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可

トラックバック

この記事のトラックバックURL