FC2ブログ

第三話(新)、連載開始です

*履歴*
・漫画「第三話」 連載開始
・各話数の表記を変更


第三話(新)、連載開始しました!!
よしよし、いいペースだぞ。
ネーム描ききらない作戦を実行&若干手抜きで描いてます。
いかに許容範囲で早く描けるかよね…今は。

伴って、先日もお伝えした通り各話の数も1つずつずらしました。
ややこしくなってすみません><;
当ブログにも5話まで載せていましたが、すべてリンクを削除し、
漫画用の別館のみの公開にしましたので、今後本編をご覧になる時は
全話とも別館からお願い致します…!

以前も話したような気がしますがもう一度言っておくと、
あーちゃんの登場がちょっと早すぎたかな~という気持ちが前々からあったので
せめてもう一話かませよう、という思い付きから今に至ります…(笑)
あと、シベ太とキャッピーだけで依頼をこなしてる描写がほしかったこととか、
シベ太の緑茶好きをここで見せようという計らいもあったり。

…実は、できればもう一話入れ込みたかったんですけどね~^^;w
昔からキャラ紹介にはいた子たちだったんですけど(今は名前だけ)、
雑種の双子「チャロ」と「パフィ」ってキャラがいまして。
生きるために悪事を働きながら暮らしてる野良の兄妹で、
その子らの話を第四話あたりに入れられたら本当は理想なんですよね…
第五話のシベ太の過去回にも通ずるものがあるので。
ん~、まだ三話描いてるところだから間に合うっちゃ間に合うんだけど、
もしかしたら描けないかもしれん…。。
描くとしたらまた三話以降が一話ずつずれることになるんですが(笑)
…もうちょっと考えます。





cm_つきよさん


コミッション作品のご紹介です。
つきよさんの創作「夢幻妖界」から、
テンペスト君、ローナちゃん、バブリオン君を描かせていただきました!
(ロゴはご本人様のご希望で、入れさせていただいております!)

▼こちら、いただいたラフ画になります。
ラフ絵_

「始まりの風が吹く明日への道を歩く」 のイメージで描かれたラフを元に
仕上げさせていただきました。色彩設定もいただいた資料を参考にしています。
青々とした木々と空、その幻想的な世界観の表現が、新鮮でとても楽しかったです!


ご依頼ありがとうございました^^






すごい。いつまた失速するかわからないけど
今のところほんとにコンスタントに絵が描ける気力があるぞ。


ここ数年の間にこのブログを知られた方はご存じないと思いますが、
2012年以前はほぼ毎日ブログを更新できるぐらい
毎日なにかしらは絵を描いていたので…。
まあ自分も高校生とかで今より時間もありましたし、
画力的にも今より手数のかからない絵を描いてたので
その頃に比べて描けなくなったのも当然っちゃ当然なのかもしれないんですけど。

実は、専門学生時代に長らくスランプに陥ってしまって、
今はだいぶ良くなったものの、ずっと尾を引いてたんです。
仕事にできる絵を描ける様にならなければとか、
周りに認められなければとか、色々気負いすぎたせいか、
人目を気にする絵ばかり描く様になってしまって。
特定のものしか上手く描けないことにも引け目があったので、
好んで描いてたものや創作も、なるべく描かない様にしてました。
シベ太とか、自分の代表作だけど学校で一度も人に見せたことなかったです。
課題で提出するポートフォリオにすら、一枚も作品を入れなかった。

そうやって自ら抑圧してしまったからなのか、
一時期、丸一年ぐらい思い通りの絵がまったく描けなくなった事がありました。
毎日家で泣いてました。情けなくて情けなくて。こんな長いスランプ、人生で初めてで。
今までなら毎日のようにポンポン浮かんでいた「描きたいもの」のアイディアが、
嘘の様にパッタリと浮かばなくなってしまったんですよね。
ほんとに何も思いつかないんですよ。
何か描かなきゃいけないのに、何を描けばいいのかわからない…っていう状態。
自分の描きたいものより、どう見えるかばかりが気になって、
不本意な作品になる。なんかわざとらしくて、面白みのない作品。
仕上げた時の喜びがない。

恥ずかしながら、その頃から絵を描く頻度が激減したように思う。
昔ほど描くことが楽しいと思えなくなってしまって…ずっと落差を感じてました。

あれから数年経って、ネット上での活動を再開したこともあり
今はまた少しずつ感覚を取り戻してはきてるけど、
当時のスランプで「継続して絵を描く」っていう習慣が乱れてしまったので、
そこも頑張って持ち直していきたいところです。
もちろん、学生じゃなくなって生活環境が変わったからっていうのもあるけど、
頭で考えすぎて素直な絵が描けなくなったというのが、
おそらくは一番の原因だから。気持ちの面。

****

…どさくさに紛れて専門時代の話もしてしまったのですが、
まあ何が言いたいかというと、やっぱり自分が好きで楽しいと思える絵を
描かないとダメだよねってことです!!(無理矢理まとめる)
そう思える絵じゃないと、なにより自分の手が止まってしまうからね。

何描こうかな~、なんて深く考えない。考えない方がいいのかもしれない。
全盛期だった頃のように、もっと直感的に、好き勝手に絵を描いていきたいです。

15:49 : 履歴:  トラックバック(-)  コメント(6)
このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/11/04(日) 19:47:53 | - │ | [編集]

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/11/04(日) 21:17:45 | - │ | [編集]

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/11/10(土) 10:02:34 | - │ | [編集]

侍わんこさん、コメントありがとうございます。

よくそんな細かいところまで…!おそらく途中で力尽きたんでしょうね~しかも似てないし(笑)
私も思います。そもそも家がまだブラウン管テレビ置いてあるような家ですしねw
本人はめっちゃ素で言ってると思います(笑)
ある意味後付けの伏線にはなりますが、こんな経緯があったわけでした!

こちらこそ、いつも色んなところに気付いていただけてとても嬉しいです><*
今回もありがとうございました!!^^

2018/11/15(木) 23:12:59 | あやか(管理人) │ URL | [編集]

JHOD2さん、コメントありがとうございます。

シベ太たちの世界の発展については、私も正直わかっていないところがいくつかあります(笑)
私たちの世界と同じようにパソコンや電子機器は発達しているのですが、
唯一この世界の犬たちは携帯電話を持つという文化がなかったりもするし…よくわからないですねw
シベ太の体の成分の大半は緑茶でできているということですね!(笑)
第六(七)話でもそうだったように、緑茶があれば簡単にシベ太が釣れます!w

まあ、確かに8話として描くことも可能なんですけどね~。
そもそも自分がなぜ現在の第4話以前に新しい話を付け加えたいのかというと、
あーちゃんが登場する話が結構内容的には重く、シベ太の過去も明らかになる回でもあるので
本当はなるべく後の方で公開したかった、という気持ちがあるからなんです。
ただ今更そんなことを言っても、仰る通り進行に支障を来す可能性も出てくるので
本当に実行するかどうかはまだ検討中です…^^;

お褒めいただきありがとうございます…!
すべてのキャラクターさんを描かせていただいたことがあるわけではありませんが、
過去に度々描かせていただいたことはありました…!
もしかしたらそういった過去作品から、とかでしょうかね…?

そうですね…。楽しいと思えない絵を描きすぎても潰れてしまいますが、
描かないでいればそれはそれで幸せにはなれない…難しいところです。
やはり、自分のモチベーションが保てる策を色々と見つけていく必要はありそうですよね><
お話、聞いてくださってありがとうございました…!



> Thank you for this update, Ayaka-san. m(_ _)m
>
> So here it is, the New Chapter 3…
> Huh… So Shibeta's world has computers… That's interesting. (゜,゜)
> I've always wondered how advanced Shibeta's world is with technology. I mean, outside of whatever Dr. Hermann is creating. ^^;w
> I guess it's just like our world then…to an extent, maybe ?
> Of course green tea is a matter of life and death to Shibeta. (笑笑)
> At this point, I'm pretty sure that the green tea Shibeta drinks get mixed with the blood that runs through his veins! (^艸^)
> Kyappy has discovered Shibeta's only weakness. Soon, he will bow down to her… ಠﭛಠ
>
> 「チャロ」&「パフィ」… Those are two mysterious characters…
> Like Marie, these two puppies lack an entry in the *キャラクター紹介* section, so I didn't know much about them until now.
> Indeed, changing the chapters' order again could be annoying…
> Maybe you could make their story Chapter 8. Since A-chan will be here, perhaps he can relate to those kids like Shibeta would: it'll be a chapter where Shibeta and A-chan display the brotherly love they've had since their reunion, and so the readers see how it evolved! (´・∇・`)
> ……That's just a suggestion of course. I always wonder what you'll come up with… ^‿^
> By the way, 「チャロ」&「パフィ」 become "Charo" & "Pafi" after Romanization.
> If I've missed a hidden meaning like with Ugly and that's not how their names are supposed to be spelled, please let me know. m(_ _)m
>
> Wooow~~! That commission is really well made. Good work! 。^∇^。
> Hmmmm… These characters…they feel awfully familiar… Did you draw them before ?
>
> I see… So if I understand, in a way, you can't really enjoy living if you can't draw. (ʃ꒡,꒡ƪ)
> I don't draw much myself, but I can relate to that. (=^_^=)
> Most people I know think it's ridiculous and childish to act that way toward something they consider trivial, but I think I know what it feels like.
> The big problem with something like this is that if you draw too much, you'll get exhausted, so you need to rest. But if you're resting, you're not drawing, so you're not happy. (--;)
> I suppose the only solution in a situation like this is to find the right balance… ^^;
>
> Well then, I'll see you in the next update! ♡ヾ(^‿^)
> Take care of yourself, and good luck!

2018/11/15(木) 23:33:15 | あやか(管理人) │ URL | [編集]

kojiさん、コメントありがとうございます。
こちらこそ、その節は大変お世話になりました!こちらでもコメントをいただけてとても嬉しいです^^

kojiさんも、その様な経験をなさったのですね…。
大人に近付くにつれて自分の目も肥えていきますし、
そんな風に悶々とした気持ちで絵を描いていると、
純粋に楽しいと思えなくなることがありますよね…。

きっかけがありまた楽しいと思えるようになったとのことで、なによりです。
不思議ですよね。私もそうでしたが、描きたいものや目的意識が変わっただけで
やっぱり楽しいな~と改めて思うことができたりするものですからね…
いかにその気持ちを保ち続けられるように絵を描いていくかが、多分一番重要なことなのでしょうね。
単純でもありますが、意外と難しいことでもあるのだなと、今となっては改めて感じます。

なんと、そんな風に思っていただけていたなんて…!!
ありがとうございます。感激いたしました…!
自分も暫くスランプを引きずったりして思う様な絵が描けなかった時期もありましたが、
ようやくかつてのように好きだと思えるものに全力で打ち込むという感覚を
取り戻してきたので、これからもその意識を蔑ろにしないようにしていきたいです。
そういった形で少しでもお役に立てているのであればなによりです…!
(私も是非いつか合作させていただきたいです…っ!)

プロだなんて恐縮です…!ぽつぽつと商業経験があるだけで、
プロのイラストレーターとして自主的に活動しているわけではありませんので
今は好きなものを好きなだけ描いているだけの、無名の絵描きだと思っております…。
そういった肩書を関係なくしても、仰る通り、勢い任せであっても
描きたいと思った時に描くという心持をなにより大事にしていきたいと、本当に身に染みて感じております…!

貴重なお言葉、そして応援もありがとうございます!大変励みをいただきました。
描くことの楽しさを噛みしめながら、これからも頑張っていければと思います!

2018/11/16(金) 00:08:16 | あやか(管理人) │ URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可